手形割引まめ知識

手形割引のしくみ

 手形割引とは、商取引に基づいて振出された手形の所持人が支払期日前に金融機関(銀行や手形割引業者など)に裏書譲渡し、手形の額面金額から満期日までの割引料や取立料を差し引いた金額を受け取ることを言います。 割引料とは、手形額面金額に割引金利を掛け365日で割って割引日から満期日まで(取立て日数含む)の日数を掛けた金額を言います。 割引金利は振出人の信用度合いや規模によって異なります。 取立料は銀行に取立呈示をするために必要な手数料の事です。 支払期日まで待って手形の振出人に支払呈示するよりも受取金額は少なくなりますが、まとまった資金が必要な場合や急ぎで現金が必要になった場合等、ビジネスではよく利用される便利なシステムです。