手形割引まめ知識

割引業者の選定1

 まず、信頼できる手形割引業者を選ぶことです。手形割引業者は貸金業として登録しなければいけません。登録は3年ごとに更新されますが、いままで何回登録を更新したのかがその登録番号の前に付されている数字から知ることが出来ます。例えば、登録番号が福岡県知事(5)××0000×号と書かれていれば、それは、3年×5回の15年近く続いている正規登録業者であるということになります。

 違法な業務を行えば登録の更新はできないので登録番号は信用基準のひとつになっています。今は、この登録制度が始まった年から数えて、(5)と記載されている会社が最も古い業者となっています。ですから、その業者の情報には必ず登録番号が明確に付されていることを確認しなければなりません。

 よく調べる時間もないままに、信頼できない手形割引業者と取引してしまうと大きな損をしてしまうことにもなりかねません。信頼できる手形割引業者を見つければ、安心して持っている受取手形を早く、また安い金利で換金することができます。緊急な状況にも対応できる業者を選定しておくのは今の時代大切なことです。

 

※手形割引専門商社株式会社リプルの登録番号は福岡県知事(5)第08486号です。