失敗しない手形の裏書のチェックポイント

手形と呼ばれる「約束手形・為替手形」には裏書があります。これは非常に大事で、裏書を行うことで他の支払いに使用できますから内容は重要となります。一流企業が出した手形でも、その下請けの会社が必要事項を記載すれば他の会社への買い付けなどの支払いに使うことができ、権利移転効力がなされます。

他に担保効力もあって、手形の支払いができなくなったとき(不渡り)、手形を現在保有する会社が裏書をした会社のどれかに償還と手形の受け戻し請求ができる効力(遡及)です。

また資格授与効力もあり、これは最終的に手形を保有している人が権利者として手形金額の請求を行えるというもので、裏書がきちんと記載されていない(裏書の不連続)場合、保有する手形に資格授与効力がない状態となりますので担保効力が失効、支払いを請求することができなくなります。そのため手形を受け取ったら、裏書の内容に間違いがないかどうかをしっかりと確認しないとお金を受け取ることができなくなる失敗をすることがあります。

裏書に記載ミスがあると、最終的に手形を保有している受取人がお金を受け取ることができなくなり、受け取った時点で内容に不備がないかを確認しないといけません。手形は裏書によっていくらでも転々と流通させることができ、会社の名前・住所を書けば何社でも回すことができます。途中に書き間違いが1つでもあれば効力がなくなってしまいますので、裏書の内容は注意して見る必要があります。

よくある記載ミスは、会社の代表者の名前を間違える・会社名を間違える、などがあり、このようになった手形を受け取ることはかなりリスクが高く、手形はまずこの点をチェックしないといけません。

ご不明なことがございましたら、いつでもご説明いたしますので

約束手形のカウンセリングセンターにお電話ください。
0120-222-182
093-931-1566
(受付時間 平日 9:00~18:00)
事前審査で仮見積もりをしてみませんか?

念の為、手元の手形がいくらの現金になるのか知っておくことで
「安心」ができます。

リプルでは以下の3通りの方法仮見積りを最短15分でお答えしております。

メールでのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せはこちら

お電話仮見積もりはこちら お電話でのお問合せはこちら

写真を撮って簡単申し込み

お問い合わせフォーム

お手軽金額計算シミュレーター

※カンマは入れずに金額のみ半角数字で入力してください 額面
※半角数字で入力してください
※手形を譲渡する日から手形の支払期日まで
日数