手形割引で知っておきたい手数料の種類と相場について

手形割引とは商取引の決済のために振り出された約束手形などについて、支払期日前に満期日までの利息を控除した現金を入手すると言う取引で、融資とならぶ現金確保手段としてかねてより行われてきました。約束手形などは満期日に振出人に提示して、満額を受け取ることができるのが原則なので、それ以前の期日に現金化する場合には何かとコストが発生することになります。まず手形割引では金利に相当する割引料の支払が必要になります。つまり換金時から支払期日(満期)までの日数分の金利を支払うことが必要になるわけです。実際の算出方法は、年間あたりの手形割引率に支払日までの日数を365日で除した数値を、手形券面額にかけることで産出される金額が控除されます。割引率の相場はメガバンクで1.5~3.0%程度、手形割引専門業者では3.0~20.0%となっています。
これらの手形割引率に付加して各種の手数料の支払も必要になるのが一般的です。具体的には銀行に依頼した場合に、手形交換所に手形を出した場合に一枚ごとに必要になる銀行取立量という手数料を挙げることができます。さらに手形割引専門業者などにあっては、事務手数料などもプラスされるのが一般的なようです。

ご不明なことがございましたら、いつでもご説明いたしますので

約束手形のカウンセリングセンターにお電話ください。
0120-222-182
093-931-1566
(受付時間 平日 9:00~18:00)
事前審査で仮見積もりをしてみませんか?

念の為、手元の手形がいくらの現金になるのか知っておくことで
「安心」ができます。

リプルでは以下の3通りの方法仮見積りを最短15分でお答えしております。

メールでのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せはこちら

お電話仮見積もりはこちら お電話でのお問合せはこちら

写真を撮って簡単申し込み

お問い合わせフォーム

お手軽金額計算シュミレーター

※カンマは入れずに金額のみ半角数字で入力してください 額面
※半角数字で入力してください
※手形を譲渡する日から手形の支払期日まで
日数