銀行視点で考える手形割引の与信リスクとは

手形割引は銀行融資の中でも審査基準がゆるく、経営が小規模な中小企業や個人事業主に人気があります。銀行側にしても大企業など数えるほどしかないため、多くの中小企業に融資ができ、互いにメリットがある与信取引です。与信とは企業が銀行からの信用を得ることで銀行は企業を信頼して融資し、手形割引料などで返済してもらいます。審査基準がゆるいとはいえ与信リスクのある企業には、銀行も手形割引での融資はしません。銀行視点ではこの与信リスクを元に、手形割引での融資をするしないなどの全てを決定するのです。

銀行視点で確実に融資代金を回収できる保証のある企業を見抜き、返済できない企業の分も補填できるよう準備することを与信管理、もしくはリスクマネジメントと言います。手形割引での融資を行う会社の経営状態だけでなく、その企業の取引先の経営状態も調べて、できる限り与信リスクを減らすことが大切です。不動産などの登記関連や、業務内容が時代に合っているかどうか、経営者の人物像や経歴なども与信調査します。通常は銀行の地元の中小企業からの手形割引依頼のための与信調査にはさほど時間はかからず、結果的に審査基準がゆるくなるのが現状です。

ご不明なことがございましたら、いつでもご説明いたしますので

約束手形のカウンセリングセンターにお電話ください。
0120-222-182
093-931-1566
(受付時間 平日 9:00~18:00)
事前審査で仮見積もりをしてみませんか?

念の為、手元の手形がいくらの現金になるのか知っておくことで
「安心」ができます。

リプルでは以下の3通りの方法仮見積りを最短15分でお答えしております。

メールでのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せはこちら

お電話仮見積もりはこちら お電話でのお問合せはこちら

写真を撮って簡単申し込み

お問い合わせフォーム

お手軽金額計算シュミレーター

※カンマは入れずに金額のみ半角数字で入力してください 額面
※半角数字で入力してください
※手形を譲渡する日から手形の支払期日まで
日数