支払期日が金融機関の休業日の場合の手形割引の日数計算と計算例

手形割引の計算方法は、自営業や個人事業主、会社経営者などには必須となるものです。手形を第三者に譲渡することで期日前に現金化し資金化ができるメリットを持つものを手形割引と呼びます。ちなみに、期日前に手形割引をした場合は、額面金額をそのまま受け取ることができませんので注意が必要です。手形を現金化した場合は割引料が発生するイメージを持つ人も多いかと思われますが、手形を担保にしてて額面を金融機関から借入する、もしくは手形の売却、2つの意味があり割引料が発生することになります。手形の割引料は支払い期日までの日数を基に計算を行うのが特徴で、日数計算の方法を把握しておかないと、実際に受け取ることができる金額を把握できません。日数計算の方法は、それほど難しいものではなく、手形の額面金額に支払期日までの日数を掛け合わせ、これを365日で割り、最後に手形割引率を掛け合わせる形になります。例えば、年率10%の場合で額面が100万円、支払期日が90日間のときでは、100万円×90日÷365日×10%=24,658円です。尚、これは手形割引料に相当するもので、計算を行う際には支払い期日前までの日数が必須です。ただ、支払期日が金融機関の休業日にあたるときには、翌営業日までの日数が加算されます。

ご不明なことがございましたら、いつでもご説明いたしますので

約束手形のカウンセリングセンターにお電話ください。
0120-222-182
093-931-1566
(受付時間 平日 9:00~18:00)
事前審査で仮見積もりをしてみませんか?

念の為、手元の手形がいくらの現金になるのか知っておくことで
「安心」ができます。

リプルでは以下の3通りの方法仮見積りを最短15分でお答えしております。

メールでのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せはこちら

お電話仮見積もりはこちら お電話でのお問合せはこちら

写真を撮って簡単申し込み

お問い合わせフォーム

お手軽金額計算シュミレーター

※カンマは入れずに金額のみ半角数字で入力してください 額面
※半角数字で入力してください
※手形を譲渡する日から手形の支払期日まで
日数