手形割引の取立手数料とは?取立依頼の方法について

約束手形を現金化するには3つのルートがあります。基本は銀行に手形期日に取り立て依頼を行うと言うものですが、支払期日前に資金需要があるときには適していません。取引先の銀行などの金融機関に手形割引を依頼すると言う方法が次の選択肢に浮上してきますが、信用状況などを元に融資の審査がされることになります。そのため割引率が高くなったり、事業立ち上げ後日が浅い場合には、手形割引を拒否される可能性が出てくるわけです。
そこで信用状況などに不安があったり、取引実績の乏しい新設企業などにあっては手形割引専門業者に割引を依頼することで手形を担保に融資を受けることが可能になります。この時に必要になる経費の一つが取立手数料になります。具体的には手形割引業者では約束手形の券面額から、割引レートに応じた割引額と手形取立手数料を控除した金額が、実際に融資を受ける現金ということになるのです。取立手数料は支払期日より前の日付で現金化するための、手形割引業者に支払う報酬の一種と考えればいいでしょう。当然のことながら取立手数料の金額は融資額に反映してくるので、より多くの部分の現金を手にしたいニーズを前提にすれば、手形割引業者ごとに取立手数料も比較対象して決断するべきと言えます。

ご不明なことがございましたら、いつでもご説明いたしますので

約束手形のカウンセリングセンターにお電話ください。
0120-222-182
093-931-1566
(受付時間 平日 9:00~18:00)
事前審査で仮見積もりをしてみませんか?

念の為、手元の手形がいくらの現金になるのか知っておくことで
「安心」ができます。

リプルでは以下の3通りの方法仮見積りを最短15分でお答えしております。

メールでのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せはこちら

お電話仮見積もりはこちら お電話でのお問合せはこちら

写真を撮って簡単申し込み

お問い合わせフォーム

お手軽金額計算シュミレーター

※カンマは入れずに金額のみ半角数字で入力してください 額面
※半角数字で入力してください
※手形を譲渡する日から手形の支払期日まで
日数