手形の裏書の連続とは

手形の裏書については、手形の受取人が資金需要が生じて手形割引を行う場合や自己の債務の支払いの手段として手形を交付する際に行われ、被裏書人がまた第三者に裏書していくことも可能です。
裏書の連続とはこの手形の受取人が裏面に裏書人として署名捺印し被裏書人として受け取る者を記入する裏書が被裏書人から最後に手形金を請求する者まで署名捺印が連続していることを言います。手形は流通されることが想定されているためこのような裏書の連続がある場合には手形金を請求する者については盗難等はなくまっとうに手形上の権利を取得したであろうという推定が働きます。

その効果は、手形上の権利が移転する場面では、裏書人が手形上の権利を有効に取得しているだろうということを信じてその手形を取得した者については善意取得という扱いとなり手形上の権利を取得できるという効果が生じ、途中で権利移転に問題があってもその者が正当な権利者になるとともに、手形の支払を行う者についてはその連続した裏書を信じて支払った場合には相手方が無権利者であってもその者に支払えば免責され手形債務が消滅するという効果が生じます。一方裏書が連続していない場合にはこのような効果を生じないため、裏書を受ける場面においても支払を行う場面においても注意する必要があります。

ご不明なことがございましたら、いつでもご説明いたしますので

約束手形のカウンセリングセンターにお電話ください。
0120-222-182
093-931-1566
(受付時間 平日 9:00~18:00)
事前審査で仮見積もりをしてみませんか?

念の為、手元の手形がいくらの現金になるのか知っておくことで
「安心」ができます。

リプルでは以下の3通りの方法仮見積りを最短15分でお答えしております。

メールでのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せはこちら

お電話仮見積もりはこちら お電話でのお問合せはこちら

写真を撮って簡単申し込み

お問い合わせフォーム

お手軽金額計算シミュレーター

※カンマは入れずに金額のみ半角数字で入力してください 額面
※半角数字で入力してください
※手形を譲渡する日から手形の支払期日まで
日数