手形の裏書の持つ効果について

手形の裏書とは、手形の受取人その他の後者が通常手形の裏面に一定事項を記載してこれを他人に交付する行為のことを言います。具体的にはAがBに手形を振り出した後に、BがCに対する支払の手段としてこの手形を裏書して交付しようとした場合に手形の裏面等に「表記金額を下記被裏書人またはその指図人へお支払下さい」といった文言と裏書人としてBが署名捺印し被裏書人としてCの名前を記入するということを行ってCに当該手形を交付する行為です。この裏書を行った際の法的な効果としては、権利移転、担保、資格授与の3つの効力が生じるといわれています。これらの点についてみてきましょう。

まず、権利移転ですが、これは単純に手形上の振出人に対して額面の金額を請求する権利が移転するというものです。この事例でいくと裏書を受けることにより、手形金を請求できる権利者はCということになります。これが裏書の本質的な効力とされるものです。次に、担保ですが例えばCがAに対して請求したものの不渡りとなった際にこの金額の支払を裏書人であるBが行わなければならないというものです。そして、最後に資格授与ですが被裏書人が実質的な権利者であるということを証明せずに裏書が連続した手形を有しているだけで手形上の権利を行使できるという内容です。

通常の民事訴訟では自分が権利者であることを証明しなければならないところを、裏書の連続のあるものがあれば権利者と推定され逆に請求を受ける側が相手が権利者でない旨を立証しない限り支払わなければならなくなるという効果が生じるのです。

ご不明なことがございましたら、いつでもご説明いたしますので

約束手形のカウンセリングセンターにお電話ください。
0120-222-182
093-931-1566
(受付時間 平日 9:00~18:00)
事前審査で仮見積もりをしてみませんか?

念の為、手元の手形がいくらの現金になるのか知っておくことで
「安心」ができます。

リプルでは以下の3通りの方法仮見積りを最短15分でお答えしております。

メールでのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せはこちら

お電話仮見積もりはこちら お電話でのお問合せはこちら

写真を撮って簡単申し込み

お問い合わせフォーム