でんさいファクタリングと他のファクタリング、手数料の違いは?

でんさいファクタリングは電子債権と呼ばれる売掛債権等を電子的に登録した仕組みを用いてファクタリング行うもので、一般的なファクタリングに比べて売買契約の根拠が明確となっており、電子的に記録されるため契約内容等が確立に把握できる点が大きなメリットとなっています。一般の紙で債権をやり取りする仕組みの場合は、売買契約の成立を証明する根拠が不明瞭なことも多く、債権の根拠となる資料をやりとりするだけのものとなっていることから、支払い期日に確実に大金が支払われる根拠が不明瞭となっている点が問題とされてきました。そのため、ファクタリングを行う金融会社は、手数料を高く設定する傾向が少なくありません。

でんさいファクタリングの場合には、すべてのやりとりを電子的に行うため、非常に効率よく様々な根拠を確認することができることや、電子的な取引で成立することから金融会社を介する必要がなく、効率的にやり取りをすることができます。そのためシステム使用料は比較的高額となりますが、効率よく取引を行うことができる点がポイントです。場合によっては従来の方法に比べ総合的な手数料が安く済むことも多いのです。

ご不明なことがございましたら、いつでもご説明いたしますので

約束手形のカウンセリングセンターにお電話ください。
0120-222-182
093-931-1566
(受付時間 平日 9:00~18:00)
事前審査で仮見積もりをしてみませんか?

念の為、手元の手形がいくらの現金になるのか知っておくことで
「安心」ができます。

リプルでは以下の3通りの方法仮見積りを最短15分でお答えしております。

メールでのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せはこちら

お電話仮見積もりはこちら お電話でのお問合せはこちら

写真を撮って簡単申し込み

お問い合わせフォーム