個人事業主が裏書がある手形を受け取った場合の処理方法

個人事業主が裏書がされた手形を受け取った場合には、自己の債務の支払いの手段としてさらに裏書して手形を譲渡していく方法、手形の支払期日前に手形割引業者等で早期に現金化する方法、手形の支払期日に手形の振出人に手形金を請求する方法が考えられます。それぞれについてみていきましょう。
まず、裏書譲渡する方法についてです。基本的に相手方がこの弁済方法を受け入れてくれることが前提となりますが、自分に対する債権者に対して弁済の手段としてこの手形を交付することになります。処理方法としては裏書人欄に自分の名の署名捺印を行い、被裏書人欄に相手方の名前を記入して、以降の者に支払ってくださいという指図文言を記入して交付します。次に、手形割引ですが手形割引業者のところに手形を持参して手形を買い取ってもらう形になります。最後に支払期日における手形金請求ですが個人事業主の場合には取引銀行があるでしょうからこの取引銀行に対して取り立てを委任(取立委任裏書)し、手形交換所において支払先となっている銀行から手形金を取り立ててもらいます。そのうえで自己の銀行口座に入金される形になります。この取立委任については銀行の事務処理上支払期日の数日前に行っておく必要があるので取引銀行に期日を確認しておきましょう。

ご不明なことがございましたら、いつでもご説明いたしますので

約束手形のカウンセリングセンターにお電話ください。
0120-222-182
093-931-1566
(受付時間 平日 9:00~18:00)
事前審査で仮見積もりをしてみませんか?

念の為、手元の手形がいくらの現金になるのか知っておくことで
「安心」ができます。

リプルでは以下の3通りの方法仮見積りを最短15分でお答えしております。

メールでのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せはこちら

お電話仮見積もりはこちら お電話でのお問合せはこちら

写真を撮って簡単申し込み

お問い合わせフォーム

お手軽金額計算シミュレーター

※カンマは入れずに金額のみ半角数字で入力してください 額面
※半角数字で入力してください
※手形を譲渡する日から手形の支払期日まで
日数