銀行でのでんさい割引の扱われ方

従来の手形や指名債権(売掛債権など)には、”コスト”や”リスク”などのデメリットが存在しました。「電子記録債権:略して『でんさい』」は、それらを克服した新たな金銭債権です。インターネットなどを通じて、電子記録債権を記録・管理する電子債権記録機関の記録原簿を電子記録することで、支払いに利用することが出来ます。

このでんさいを使って資金調達をする方法があります。「でんさい割引」です。でんさいを銀行に譲渡することによって、でんさいの債権金額を支払期日より前に受け取ることができるのです。銀行などのシステムを使って手続きが自動的に行われ、支払期日が来ると支払企業の銀行口座から資金が引き落とされて決済されるという仕組みです。

資金調達手段には他に「ファクタリング」があります。両者はよく似ていますが、次の点に違いがあります。ファクタリングでは、債権は専門のファクタリング業者が買い取るという形になります。よって、支払企業が支払えなかった場合でも、譲渡した企業には代わりに支払う義務はありません。対して「でんさい割引」では、譲渡する企業は『保証人』という位置づけになります。もし支払企業が支払うことが出来なかった場合、保証人である譲渡した企業が支払義務を負うことになります。

ご不明なことがございましたら、いつでもご説明いたしますので

約束手形のカウンセリングセンターにお電話ください。
0120-222-182
093-931-1566
(受付時間 平日 9:00~18:00)
事前審査で仮見積もりをしてみませんか?

念の為、手元の手形がいくらの現金になるのか知っておくことで
「安心」ができます。

リプルでは以下の3通りの方法仮見積りを最短15分でお答えしております。

メールでのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せはこちら

お電話仮見積もりはこちら お電話でのお問合せはこちら

写真を撮って簡単申し込み

お問い合わせフォーム

お手軽金額計算シミュレーター

※カンマは入れずに金額のみ半角数字で入力してください 額面
※半角数字で入力してください
※手形を譲渡する日から手形の支払期日まで
日数