でんさいの分割譲渡において記録番号はどのように使う?

企業の資金繰りを実現化する方法として、ファクタリングが存在するのも事実ですが、近年は電子記録債権によるデータ間のやりとりで、発生から譲渡までの管理を行うことが可能です。そのためデータ移行だけで債権譲渡を行うことができるので、企業の資金繰りの問題にも早期解決を図ることができる点が魅力です。

でんさいは手数料の面でもファクタリングよりかかることもなく、手続きをより簡素化した状態で取引を行うことも可能であるため、利便性が高いです。その一つにはでんさいでは、債権を分割することにも対応しております。

分割の場合は電子債権の範囲内の額までを可能とし、一度に全額を現金化をしなくても済んだり支払先に譲渡を行えたりという魅力もあります。でんさいでは債権を管理するための20桁の記録番号が付与されており、内訳は利用者番号が9桁、でんさいネット固有の番号は11桁となります。

この20桁の番号を利用することで分割にも対応しています。まず分割された場合には元の利用者番号は同一で、下の11桁の番号を新しいネット固有の番号に採番された形で付与されます。 利用者番号を見ることで大本の記録番号が分かり、それによりどの様に分割されたかまでを把握することができるようになります。

ご不明なことがございましたら、いつでもご説明いたしますので

約束手形のカウンセリングセンターにお電話ください。
0120-222-182
093-931-1566
(受付時間 平日 9:00~18:00)
事前審査で仮見積もりをしてみませんか?

念の為、手元の手形がいくらの現金になるのか知っておくことで
「安心」ができます。

リプルでは以下の3通りの方法仮見積りを最短15分でお答えしております。

メールでのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せはこちら

お電話仮見積もりはこちら お電話でのお問合せはこちら

写真を撮って簡単申し込み

お問い合わせフォーム