受取手形を手形割引するメリット

手形割引により本来の期日前に現金化することのメリットは、受け取る権利がある現金を早期に回収できることにあります。多少の手数料を差し引かれたとしても大半の現金の確保に繋がりますので、受取漏れがなくなります。また万が一取引先が倒産することで貸し倒れが発生したとしても、手形割引により現金化して受取を済ませておくことで、回収しはぐれることがありません。すなわち自社への影響をなくすことが可能となるものです。
早期に現金として受け取ることで、その現金を利用した商売を行うことも出来ます。また各種の支払いなどに充てることが可能となるなど、手元に現金が乏しい場合などにこの手形割引が利用されるのです。受取手形そのものはあくまで現金に出来る権利を示したものに過ぎず、裏書きなどによって第三者に渡した場合でも万が一裏書き先が現金化できなかった場合、自らが代わりに支払わなければなりません。出費の義務が生じることにもなりますので、早期の現金化は必須となることもあります。
裏書きの場合は手数料は発生しませんが、その代わり万が一の時に自社が肩代わりしての支払い義務が生じる一方、裏書きせずに手形割引を利用した場合には、即時の現金が受け取れるメリットがあるという違いがあります。

ご不明なことがございましたら、いつでもご説明いたしますので

約束手形のカウンセリングセンターにお電話ください。
0120-222-182
093-931-1566
(受付時間 平日 9:00~18:00)
事前審査で仮見積もりをしてみませんか?

念の為、手元の手形がいくらの現金になるのか知っておくことで
「安心」ができます。

リプルでは以下の3通りの方法仮見積りを最短15分でお答えしております。

メールでのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せはこちら

お電話仮見積もりはこちら お電話でのお問合せはこちら

写真を撮って簡単申し込み

お問い合わせフォーム