わかりやすい手形割引のメリットとデメリット

手形割引の最大のメリットとしては、早期に現金化できるという点です。早期に現金化する事で運転資金に回す事ができ、資金ぶりの改善になり、会計上は融資扱いとはならず債権譲渡となるため、貸借対照表やキャッシュフローの改善などといったメリットもあります。
資金ぶりの対策として融資を利用することも考えられ、その場合債務超過になる可能性が高くなりますが、手形割引の場合にはそういった心配がありません。もし、高額な融資が必要となった場合、借入金が少なければそれだけ融資の審査が通しやすくなるため今後の事を考えても手形割引を利用する方がメリットが大きいです。 ただし、手形割引も無料で利用するわけではないため、手数料負担が発生します。支払期日に現金化すれば受取金額は額面金額よりも少なくなります。しかし平均90日間、資金として運用できなくなると考えれば手形割引のメリットの方が大きいです。
もし、手形が不渡りになった場合は銀行や業者に返済するという義務が生じます。しかしリスクというものは手形割引を行わなかったとしても常にあり、リスクがある事が同じであるなら早期に手形割引で現金化をし、資金ぶりを楽にしておいた方が不渡りが発生したとしても対処しやすくなるため、デメリットよりもメリットの方が大きいです。

ご不明なことがございましたら、いつでもご説明いたしますので

約束手形のカウンセリングセンターにお電話ください。
0120-222-182
093-931-1566
(受付時間 平日 9:00~18:00)
事前審査で仮見積もりをしてみませんか?

念の為、手元の手形がいくらの現金になるのか知っておくことで
「安心」ができます。

リプルでは以下の3通りの方法仮見積りを最短15分でお答えしております。

メールでのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せはこちら

お電話仮見積もりはこちら お電話でのお問合せはこちら

写真を撮って簡単申し込み

お問い合わせフォーム