金融機関と手形割引業者で支払い金利の相場が異なる理由

手形割引とは約束手形などを支払期日よりも前の日付で、金融機関に支払期日までのサイト(期間)に応じて計算された割引率で乗じ、算出された金額と割引手数料を控除した現金を依頼人に交付するというものです。支払期日到来前に現金化できるため、依頼者側にしてみれば融資を得るのと実質的に同じキャッシュフローを確保することが可能になりうる点で共通しています。ところで手形割引は依頼先が銀行か、専門業者かに応じて金利の相場が異なります。
まず取引先銀行などの金融機関に手形割引を依頼する場合、過去の取引や融資実績などに応じて、より安い金利で手形割引を利用出来る場合があります。しかし信用状況は割引依頼人について審査されるので、財務状況や今後の見込み成長率などによっては利用を拒否されることも否定できません。
これに対して手形割引専門業者の場合には、信用審査はあくまで手形振出人を対象にするので、割引依頼人の信用状況に不安がある場合でも、広く利用の為の門徒が開かれていると言うメリットがあります。しかし手形割引専門業者を利用した場合、金利に相当する割引率が高く設定されていたり、取り立て手数料などのコストがかかるので銀行などに比較すると現金が少なくなる傾向があるのは検討事項といえます。

ご不明なことがございましたら、いつでもご説明いたしますので

約束手形のカウンセリングセンターにお電話ください。
0120-222-182
093-931-1566
(受付時間 平日 9:00~18:00)
事前審査で仮見積もりをしてみませんか?

念の為、手元の手形がいくらの現金になるのか知っておくことで
「安心」ができます。

リプルでは以下の3通りの方法仮見積りを最短15分でお答えしております。

メールでのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せはこちら

お電話仮見積もりはこちら お電話でのお問合せはこちら

写真を撮って簡単申し込み

お問い合わせフォーム