手形の裏書の仕訳とは?

経理の仕事についている場合はもちろん、簿記の勉強をされている方も早い段階で手形の種類や仕訳方法を学びますが、手形の中で裏書手形の仕訳には、対照勘定法と評価勘定法の二種類が存在します。

裏書手形とは受け取った手形を他人に渡すことなので、資産である受取手形勘定の減少として処理します。元々の手形を発行した人が支払期日になっても支払いが出来ない場合、代わりに自分が支払いをする義務が生じるため、偶発債務の額を明らかにするための仕訳を行います。現時点では債務じゃなくても将来債務になる可能性があるものを偶発債務と呼んでいます。

対照勘定法では受取手形勘定の減少と同時に、手形裏書義務見返と手形裏書義務の勘定を使用し、偶発債務の額を帳簿上に明らかにします。備忘記録の勘定のため貸借対照表には記載されません。評価勘定法では受取手形勘定は使用せず、裏書手形という勘定を使用します。受取手形勘定と裏書手形勘定の差額が手元の受取手形の純額になります。

両方の方法とも、保証債務の時価評価の仕訳も行います。保証債務の仕訳は金融商品に係る会計基準の規定に基づいて行うもので、裏書時のほか割引時にも使用しますが、簿記検定の勉強を始めたばかりの段階では、とりあえず無視して問題ありません。

ご不明なことがございましたら、いつでもご説明いたしますので

約束手形のカウンセリングセンターにお電話ください。
0120-222-182
093-931-1566
(受付時間 平日 9:00~18:00)
事前審査で仮見積もりをしてみませんか?

念の為、手元の手形がいくらの現金になるのか知っておくことで
「安心」ができます。

リプルでは以下の3通りの方法仮見積りを最短15分でお答えしております。

メールでのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せはこちら

お電話仮見積もりはこちら お電話でのお問合せはこちら

写真を撮って簡単申し込み

お問い合わせフォーム

お手軽金額計算シミュレーター

※カンマは入れずに金額のみ半角数字で入力してください 額面
※半角数字で入力してください
※手形を譲渡する日から手形の支払期日まで
日数