商業手形割引と審査のハードルについて

商業手形割引とは代金決済方法に手形を利用し、銀行をはじめとした金融機関が買い取ることを意味しています。キャッシュを必要とする事業者のサイドからみれば、実質的には融資と変わりはありませんが、商業手形割引には一般的な融資にはないメリットを享受することができます。とりわけ最大のメリットなのは、通常の融資のように保証人をたてたり、担保部件に担保権を設定するなどの制限を必要としないことを指摘することができます。金融機関は当事者を仲介する役割で登場することになりますが、振出人が絶対的支払い義務を負っているので金融機関にとってのリスクはさほど高くありません。そのため手形割引を利用する際の審査も、通常の融資に比較するとかなり緩くなっているといえます。
とはいっても手形割引に出した約束手形が支払期日において、振出人が支払えなかった場合(不渡り)、受取人は買い戻して支払う義務を負うことになるので、その面での支払い能力に対しての金融機関からの審査を通過することが必要になるのは確かです。手形割引利用に際しての審査項目は、受取人の業務の状況や必要とする現金額などですが、多くの金融機関では通常の融資に比べるとかなり緩やかな基準で審査されているようです。

ご不明なことがございましたら、いつでもご説明いたしますので

約束手形のカウンセリングセンターにお電話ください。
0120-222-182
093-931-1566
(受付時間 平日 9:00~18:00)
事前審査で仮見積もりをしてみませんか?

念の為、手元の手形がいくらの現金になるのか知っておくことで
「安心」ができます。

リプルでは以下の3通りの方法仮見積りを最短15分でお答えしております。

メールでのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せはこちら

お電話仮見積もりはこちら お電話でのお問合せはこちら

写真を撮って簡単申し込み

お問い合わせフォーム

お手軽金額計算シュミレーター

※カンマは入れずに金額のみ半角数字で入力してください 額面
※半角数字で入力してください
※手形を譲渡する日から手形の支払期日まで
日数