中小企業が手形割引を活用している背景

手形は期日が来れば額面金額をそのまま受け取ることができるのに、手形割引を利用すればそれよりも少ない金額しか受け取れません。結果的に見れば損をしているのに、それを利用する企業は少なくありません。特に中小企業が手形割引を活用していることが多いですが、その理由は難しい事情によるものではなく現金が少ないからです。

商品やサービスを販売して売上がでたとしても、材料の仕入れ代金や人件費は手元の現金がなければ支払いができなくなります。いわゆる資金ショートと呼ばれる状態です。これは業績が良い中小企業でもよく起きることです。というのも大手企業と取引をしているとしても、売上代金の手形は期日が数カ月先というのことも珍しくなく、それまでは1円も手元には入らないからです。現金がないというのは仕方がないとしても、支払いを求めている相手からすればそれは関係ありませんから、対応できなければ倒産してしまう恐れがあります。では、どうやって現金を作ればいいのかというと、現金はなくても手形があればそれを業者に買ってもらうことで支払いに充てることができます。そういった支払いは一度だけのことではなく、毎月のように迫られますから手形割引もそのたびに利用をします。よほどの資金力を持たなければ、この状態からは抜け出すことができませんから、いつまでも手形割引に頼らざるをえなくなります。

ご不明なことがございましたら、いつでもご説明いたしますので

約束手形のカウンセリングセンターにお電話ください。
0120-222-182
093-931-1566
(受付時間 平日 9:00~18:00)
事前審査で仮見積もりをしてみませんか?

念の為、手元の手形がいくらの現金になるのか知っておくことで
「安心」ができます。

リプルでは以下の3通りの方法仮見積りを最短15分でお答えしております。

メールでのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せはこちら

お電話仮見積もりはこちら お電話でのお問合せはこちら

写真を撮って簡単申し込み

お問い合わせフォーム