手形割引の手数料の注意点

手形割引を行う場合、割引人となる金融機関に金利と手数料を支払う必要があり、これらをまとめた総称として「手形割引手数料」と呼んでいます。その中で手形にかかる金利は「手形割引料」となります。手形割引は手形を担保にすることで融資を受けることが出来るため、金利が課せられることになります。この手形割引料には金融機関の手数料を加えた金額が手形割引手数料です。 実際に手数料の計算をする場合は、手形額面金額×手形割引利率×支払期日までの日数÷365日で手形割引料となり、手形割引料+取立手数料=手形割引手数料となります。手形額面金額とは手形に記載された、期日になったら支払う必要がある金額を指します。この時割り引きを依頼して受け取る金額は、手数料が引かれた金額です。
この計算をする際に注意しなくてはいけないのが、支払期日までの日数です。手形割引率は年利となるため、手形が決済される=融資を返済するまでの期間が一年未満となってしまうと、割引率は日割りで計算する必要があります。この時手形の支払期限と支払先の休業日が重なってしまうときには注意が必要です。この場合は翌営業日までの日数をプラスする必要があるので、計算をする際の日数を間違えないように注意をする必要がでてきます。

ご不明なことがございましたら、いつでもご説明いたしますので

約束手形のカウンセリングセンターにお電話ください。
0120-222-182
093-931-1566
(受付時間 平日 9:00~18:00)
お急ぎの方はこちらまで

手形(でんさい)現金化センター

「手元にある手形を現金化したい」
「でんさいを資金化したい」
「手形を割引きたいけど信用機関には影響ないの?」
など、手形の資金化に関する、無料相談を行っております。
「いきなり実行はちょっと…」という方のために、
”まずは手軽に相談”できるデスクを解説しました。

: 0120-222-182

TEL:093-931-1566

(受付時間 平日 9:00~18:00)
リプルイメージ画像
業界10年のプロに相談しよう

写真を撮って簡単申し込み

お問い合わせフォーム