銀行で手形割引をするときの金利の相場とは

手形割引の金利が低いほど手元に残る資金が増えるため、少しでも金利が低い銀行と取引する必要があります。手形割引の金利は、手形を振出す企業の信用度によって変わってきます。お金を貸すときと同じで、企業の信用度が高いほど金利は低くなります。
しかし、どの銀行でも手形割引の金利が同じになるわけではあません。一般的に都市銀行の方が地方銀行よりも相場の金利は低めです。きちんとした金利は、審査をしてからではないと分かりません。金利には幅があり、都市銀行の方が低めといっても上限金利ではあまり変わらないこともあります。審査を受けて納得した上での取引になるので、いくつか見積りを出して比較するのもいいです。それぞれの銀行の審査基準によって審査されるため、必ず同じになるわけではないからです。
金利は、手形が不渡りになる可能性が低いほど信用度も高くなります。また裏書人の信用力も影響してきます。万が一振出人が支払いをできなくても、裏書人が代わりに支払いができればいいからです。金利は日割りで計算されるため、期日までの期間が短いほど手形割引手数料が少なくなります。実質金利という面からは、期日までの期間も考慮する必要があります。

ご不明なことがございましたら、いつでもご説明いたしますので

約束手形のカウンセリングセンターにお電話ください。
0120-222-182
093-931-1566
(受付時間 平日 9:00~18:00)
事前審査で仮見積もりをしてみませんか?

念の為、手元の手形がいくらの現金になるのか知っておくことで
「安心」ができます。

リプルでは以下の3通りの方法仮見積りを最短15分でお答えしております。

メールでのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せはこちら

お電話仮見積もりはこちら お電話でのお問合せはこちら

写真を撮って簡単申し込み

お問い合わせフォーム