でんさいファクタリングの仕訳方法!

でんさいファクタリングは、返済の義務が限定的です。売掛金を譲渡してから、債務者が倒産してしまうなど、支払うことが出来なくなってしまった場合も、返金する必要がありません。一回だけ利用することも可能ですが、ほとんどの場合は継続的に使われていて、手数料も2社間でファクタリングをする場合と比べれば安いため、売掛金を貸し倒れるリスクなしで回収することを実現させるメリットがあるアウトソーシングサービスとして、効果的に利用することが可能です。

そして、でんさいネットのサービスを利用するには、納入する方の会社であったとしても審査を受ける必要があります。取引の対価を支払う会社も登録する必要があるため、当然ながら支払い能力が充分にあることが審査を通過するための条件となってしまう訳です。審査に通過することが出来なければ、このサービスを利用することが出来ないことになります。

ところが、でんさいファクタリングであれば、でんさいを譲渡することになる納入する方の会社は、でんさいネットの審査を受ける必要がありません。ファクタリングのサービスを提供する会社が行う審査はありますが、簡易的な審査だけしか行われず、ファクタリングを利用した資金調達を、簡単に利用することが可能であるということもメリットです。

ご不明なことがございましたら、いつでもご説明いたしますので

約束手形のカウンセリングセンターにお電話ください。
0120-222-182
093-931-1566
(受付時間 平日 9:00~18:00)
事前審査で仮見積もりをしてみませんか?

念の為、手元の手形がいくらの現金になるのか知っておくことで
「安心」ができます。

リプルでは以下の3通りの方法仮見積りを最短15分でお答えしております。

メールでのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せはこちら

お電話仮見積もりはこちら お電話でのお問合せはこちら

写真を撮って簡単申し込み

お問い合わせフォーム