電子手形と紙の手形の違いは?

電子手形とは、紙の手形を電子化したものであり、2009年の11月からスタートしました。最近では「でんさい」といった用語なども浸透してきており、身近なものになりつつあります。特にこれまでの紙とは、印紙税がかからない点が大きく違います。

大きな金額の手形を頻繁に行う企業などでは、その都度印紙税がかかっていた為、それが入らなくなるだけでも、かなり負担が軽減されメリットになります。他にも紙だと保管する場所なども必要でしたが、電子化されていると保管する場所も必要ないですし、割引や譲渡も簡単に出来ます。それだけでなく、紙の手形では券面に記載されている額面金額しか利用できませんでしたが、電子では分割で割引や譲渡できる為、かなり柔軟に資金を活用できるようになりました。

このように便利になったことによって、今までなら自社と取引先間でのやり取りで決済の際には取引銀行がその媒介を行なっていたところ、それにプラスして電子債権記録機関というところが関わって来ることになりました。この機関は法律に基づき国の指定を受けて業務を行なっている為、民間の機関ではありますが信頼のできる機関ですので、安心して利用することができます。

ご不明なことがございましたら、いつでもご説明いたしますので

約束手形のカウンセリングセンターにお電話ください。
0120-222-182
093-931-1566
(受付時間 平日 9:00~18:00)
事前審査で仮見積もりをしてみませんか?

念の為、手元の手形がいくらの現金になるのか知っておくことで
「安心」ができます。

リプルでは以下の3通りの方法仮見積りを最短15分でお答えしております。

メールでのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せはこちら

お電話仮見積もりはこちら お電話でのお問合せはこちら

写真を撮って簡単申し込み

お問い合わせフォーム

お手軽金額計算シミュレーター

※カンマは入れずに金額のみ半角数字で入力してください 額面
※半角数字で入力してください
※手形を譲渡する日から手形の支払期日まで
日数