裏書のある手形を譲渡する「裏書譲渡」とは

手形は裏書をすることで第三者に譲り渡すことができ、商取引において広く利用されています。裏書は手形が誰から誰に譲渡されるかを裏面に書くことからそう呼ばれており、取引においてはする人を裏書人、される人が被裏書人と表現されます。

手形が持つ大きな特徴は裏書がなされることで流動性が高まる点があります。譲り受けた場合には満期日まで待って振出人に対して手形金の請求をすることの他に、待たなくてもさらに裏書譲渡をすることで資金化や資金繰りに利用することが可能となります。裏書の方法は基本的には手形裏側の裏書欄に記名押印をするだけでよく、仮に裏書されたものが廻ったとしても記載状況を見ることでどのように譲渡されてきたのか過程を知ることができます。

裏書は行うことで3つの法的効力が発生します。まず権利の移転的効力があり、裏書人が持つ手形上の権利はすべて被裏書人に移ります。次に担保的効力があります。手形の保持人が裏書された場合には自分が譲渡をした相手だけでなくその後の手形保持人にも責任を負うことになり、仮に支払が滞れば譲渡先に代わって支払を求められます。
3つ目には資格授与的効力があります。手形は裏書が連続していても現在保持している人が権利者として認められます。つまり全くの第三者であっても振出人は支払を拒むことはできず、仮に盗難による裏書など拒絶をしたい場合には、振出人がその証明をすることになります。

ご不明なことがございましたら、いつでもご説明いたしますので

約束手形のカウンセリングセンターにお電話ください。
0120-222-182
093-931-1566
(受付時間 平日 9:00~18:00)
事前審査で仮見積もりをしてみませんか?

念の為、手元の手形がいくらの現金になるのか知っておくことで
「安心」ができます。

リプルでは以下の3通りの方法仮見積りを最短15分でお答えしております。

メールでのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せはこちら

お電話仮見積もりはこちら お電話でのお問合せはこちら

写真を撮って簡単申し込み

お問い合わせフォーム

お手軽金額計算シミュレーター

※カンマは入れずに金額のみ半角数字で入力してください 額面
※半角数字で入力してください
※手形を譲渡する日から手形の支払期日まで
日数