手形の裏書の抹消とは?

手形の裏書の抹消とは、例えばAがBが手形を振り出した後Bが資金需要が生じてCに手形を裏書譲渡しCが手形を取り立てるという目的でDに裏書譲渡したような場合において、Dは取り立ててみたものの手形交換所で交換不能となって手形が返却されてきたような場合にDに対して行った裏書を取り消すというような場合のことをいいます。

この裏書の抹消を行う趣旨は、このようなケースにおいてはCがAに対して手形訴訟等を提起して手形金を請求していこうとする際に、自分が手形上の権利者であるという推定は裏書が連続して自己が最後の被裏書人となっている場合には働くものの、そうでない場合には自分が権利者であるということを立証をしなければならずこのような手間を省くために行われます。

そして裏書の抹消については、被裏書人のみを抹消した場合の効力について、裏書全部の抹消と考える考え方と被裏書人だけが消えて白地式裏書となるという考え方と2とおりあります。この点について、手形の外見上は被裏書人のみが消えて白地式裏書と同様の外見になっており、被裏書人のみを消すのは当事者の意思として白地式で行いますよというのが合理的意思解釈であるといえ、判例上も白地式の考え方をとることを明らかにしています。

ご不明なことがございましたら、いつでもご説明いたしますので

約束手形のカウンセリングセンターにお電話ください。
0120-222-182
093-931-1566
(受付時間 平日 9:00~18:00)
事前審査で仮見積もりをしてみませんか?

念の為、手元の手形がいくらの現金になるのか知っておくことで
「安心」ができます。

リプルでは以下の3通りの方法仮見積りを最短15分でお答えしております。

メールでのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せはこちら

お電話仮見積もりはこちら お電話でのお問合せはこちら

写真を撮って簡単申し込み

お問い合わせフォーム

お手軽金額計算シミュレーター

※カンマは入れずに金額のみ半角数字で入力してください 額面
※半角数字で入力してください
※手形を譲渡する日から手形の支払期日まで
日数