手形割引を依頼するときに役立つ「印紙税」の知識

手形割引は現金が必要なときに利用できる、換金方法です。手形自体がいずれ手に入るはずの現金を約束しているものになります。ただし、現金のように使うことができないので、支払い期日までは使うことができません。資金に余裕があるときには問題ありませんが、仕入れや支払いなどで現金が必要なときには、とても困ったことになります。

手形割引は、少し利息を支払うことで前倒して手形を現金化することができるシステムです。銀行や専門の業者で行うことができます。現金化の時には、新たに契約書を交わすこととなり、額面に応じて印紙税が変わってきます。10万円未満であれば非課税ですが、10万1円からは200円の印紙税がかかります。

手形自体にも印紙税がかかりますが、それとは別に納税の義務が発生します。契約書を交わす側つまり受け取り側に課税されるので、注意が必要です。もし必要な額が10万円以下であれば、超えないように調整することで費用を減らすことが可能です。また、貼付して割り印などで使えないようにしていないと脱税となる恐れもあるので注意しましょう。特に銀行が契約相手の場合は、しっかりしていないと信用問題に関わるので、忘れずに規定の金額の印紙を貼付しましょう。

ご不明なことがございましたら、いつでもご説明いたしますので

約束手形のカウンセリングセンターにお電話ください。
0120-222-182
093-931-1566
(受付時間 平日 9:00~18:00)
事前審査で仮見積もりをしてみませんか?

念の為、手元の手形がいくらの現金になるのか知っておくことで
「安心」ができます。

リプルでは以下の3通りの方法仮見積りを最短15分でお答えしております。

メールでのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せはこちら

お電話仮見積もりはこちら お電話でのお問合せはこちら

写真を撮って簡単申し込み

お問い合わせフォーム

お手軽金額計算シュミレーター

※カンマは入れずに金額のみ半角数字で入力してください 額面
※半角数字で入力してください
※手形を譲渡する日から手形の支払期日まで
日数