でんさい割引を利用する際の手数料

これまで一般的に企業間の取引で利用されてきた手形は、支払期日前であっても取引業者や銀行に依頼することにより資金化することが出来ました。でんさいでもこのような割引は可能です。銀行にでんさい割引を依頼した場合、まずはでんさい割引の申込みをします。

審査を受け、割引が可能であると判断された場合には、自社の口座に資金が振り込まれることになります。従来の手形取引とは異なり、分割をすることが出来るということもでんさいのメリットと言えます。ただ、でんさい割引を行った場合には、手数料が差し引かれます。この時の手数料はどこにでんさい割引を申し込んだのかによって異なります。銀行に申し込みをした場合、都市銀行・普通銀行・信用金庫・信用組合によっても若干の違いはありますが、(年率)1.5%~5.5%と幅があります。審査結果によってはこれ以上の手数料が必要となることもあります。

一方、業者に依頼した場合の手数料の目安は(年率)3.0%~15.0%とされており、銀行に依頼した場合よりも高くなることがほとんどです。信用力に応じて手数料は大きく異なります。そのため、中小企業のでんさい割引を専門の業者に依頼した場合には高くなる傾向にあります。

ご不明なことがございましたら、いつでもご説明いたしますので

約束手形のカウンセリングセンターにお電話ください。
0120-222-182
093-931-1566
(受付時間 平日 9:00~18:00)
事前審査で仮見積もりをしてみませんか?

念の為、手元の手形がいくらの現金になるのか知っておくことで
「安心」ができます。

リプルでは以下の3通りの方法仮見積りを最短15分でお答えしております。

メールでのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せはこちら

お電話仮見積もりはこちら お電話でのお問合せはこちら

写真を撮って簡単申し込み

お問い合わせフォーム

お手軽金額計算シミュレーター

※カンマは入れずに金額のみ半角数字で入力してください 額面
※半角数字で入力してください
※手形を譲渡する日から手形の支払期日まで
日数