手形割引とファクタリングの違い

手形割引とファクタリングは同じではありません。手形とは約束手形を指すのが普通で、手形割引は約束手形を担保にしてお金を借りる方法になります。手形を受け取ってから入金まで数ヵ月を要するようでは、キャッシュフローに影響が出てくるでしょう。大企業なら余力があるかもしれませんが、中小企業だと運営自体が傾いてしまうケースもありえます。そんなときは手形を担保にすることで、金融機関から融資を受ける方法が役立ちます。もちろん一定の手数料が発生しますので、手形額面よりも得られる金額は少なくなります。手数料は金融機関によって異なりますが、1.5%~5.0%くらいです。

これに対してファクタリングは、売掛債権を売却する方法になります。売却をするので不渡りが発生しても、自社に損失は及ばないわけです。ファクタリングには審査がありますが、これは売掛先に対して行われます。一般的に申し込みをしてから5日くらいで現金を調達できます。中には最短即日に対応してくれるところもあり、キャッシングと同じくらい素早く調達可能です。ファクタリングの手数料は1%~30%程度と非常に幅広く、二社間と三社間のサービスとで大きく変わります。前者は売掛先を除いた二社間での交渉、後者は三社協議で決定していきます。二社間の手数料は10%~30%くらい、三社間だと1%~5%が相場です。

ご不明なことがございましたら、いつでもご説明いたしますので

約束手形のカウンセリングセンターにお電話ください。
0120-222-182
093-931-1566
(受付時間 平日 9:00~18:00)
事前審査で仮見積もりをしてみませんか?

念の為、手元の手形がいくらの現金になるのか知っておくことで
「安心」ができます。

リプルでは以下の3通りの方法仮見積りを最短15分でお答えしております。

メールでのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せはこちら

お電話仮見積もりはこちら お電話でのお問合せはこちら

写真を撮って簡単申し込み

お問い合わせフォーム