グループ企業での手形割引と短期借入金の知識

企業ではよく手形を利用する事があります。これは取引においてお金が必要になるものの、すぐにお金が用意できない場合など現金の代わりに利用する有価証券です。手形を利用すると現金を先送りにして、資金繰りを調整できると言うメリットもあります。これら手形には支払期日というものがあり、この日付に支払うことを約束するものです。しかし一方ではこの支払期日までに額面よりも残高が不足している場合は、不渡りになってしまうために注意も必要になります。そのリスクを防ぐ方法として手形割引を利用する方法があり、手形割引を使う事で支払期日の前の現金化できます。方法は金融機関などに裏書譲渡を行なって、額面金額から満期日までの割引料や取立料を差し引いた金額を受け取る事ができます。割引料というのは割引金利を掛けて365日で割って割引日から満期日までの日数を掛けた金額になり、一年以内という事で言えば短期借入金の扱いとなり、短期借入金は一年以内に支払期限のくるものとなります。このように手形を少しでも早く現金化したいという場合には金融機関や専門業者に買い取ってもらう手形割引が有効で、ビジネスにおいてもよく利用される方法になります。

ご不明なことがございましたら、いつでもご説明いたしますので

約束手形のカウンセリングセンターにお電話ください。
0120-222-182
093-931-1566
(受付時間 平日 9:00~18:00)
事前審査で仮見積もりをしてみませんか?

念の為、手元の手形がいくらの現金になるのか知っておくことで
「安心」ができます。

リプルでは以下の3通りの方法仮見積りを最短15分でお答えしております。

メールでのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せはこちら

お電話仮見積もりはこちら お電話でのお問合せはこちら

写真を撮って簡単申し込み

お問い合わせフォーム

お手軽金額計算シュミレーター

※カンマは入れずに金額のみ半角数字で入力してください 額面
※半角数字で入力してください
※手形を譲渡する日から手形の支払期日まで
日数