手形の裏書の記入例と注意点

手形を裏書きする際には指定事項に従って記入すれば間違いありませんが、記入の有無で裏書が無効になるケースがあるので注意が必要です。では記入例に基づいてそれぞれの指定事項に関する注意点を確認しましょう。手形の裏面には先ず裏書する日付欄がありますが、ここは記載しなくても無効にはなりません。
次に裏書人の住所、会社名、代表資格そして代表者名を記載します。会社名は正式な表記を心掛け省略してはいけません。住所は有効要件ではありませんが、不渡通知が受けられない場合があるので記載したほうが良いでしょう。

そして代表者名の横に押印します。これは実印や銀行印でなくても構いません。その際、印鑑が枠外に出ないよう気を付けます。裏書は手形の額面の一部についてのみは認められないので注意しましょう。その下の被裏書人の欄は空白でも白地式裏書といって記入しなくても良いですが、記入した場合は、次の裏書人になるべき会社名と必ず同じにします。書き間違いがないよう被裏書人欄を空白にすることが多いです。

その他、代表者が同一の別会社に裏書する場合は、取締役会の承認を得た証明の印鑑を押印することも忘れてはいけません。手形の裏書自体は難しくはないので、記入例などを参考に正確に記載しましょう。

ご不明なことがございましたら、いつでもご説明いたしますので

約束手形のカウンセリングセンターにお電話ください。
0120-222-182
093-931-1566
(受付時間 平日 9:00~18:00)
事前審査で仮見積もりをしてみませんか?

念の為、手元の手形がいくらの現金になるのか知っておくことで
「安心」ができます。

リプルでは以下の3通りの方法仮見積りを最短15分でお答えしております。

メールでのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せはこちら

お電話仮見積もりはこちら お電話でのお問合せはこちら

写真を撮って簡単申し込み

お問い合わせフォーム