手形割引の手数料は「支払い期日までの日数」で変わる理由

手形割引は、支払いが行われる前に現金化するシステムです。そのままの額面で受け取れるわけではなく、手数料が差し引かれています。本来であれば、期日まで待たなければいけないものを一方的な理由から現金化するので、それなりの手数料が取られるのは当然と言えます。

手形割引を行う時にかかる手数料は、一律ではありません。手形には支払い期日があり、どれだけ前倒しするかによって変わってきます。基本的には手形を担保にした借入のようなものなので、期間が長ければ長いほど手数料は高くなります。もし手形が複数あるときには、期日の近いものを選んだ方が手数料を安くすることができます。

せっかく現金化できても、手数料が高くて損をしてしまっては意味がありません。出来るだけ低い手数料で、現金化したいと考えるのは当然です。手形割引を契約する相手によって金利は変わってきます。特に即日実施してもらえる業者の場合は、高くなるのは当然です。出来るだけ金利の低いところを探して、期日までの期間が短い手形を利用した方が安心です。場合によっては、一度に高額の手形割引をするのではなく、必要な分だけを期日ごとに現金化した方が特になるケースもあります。

ご不明なことがございましたら、いつでもご説明いたしますので

約束手形のカウンセリングセンターにお電話ください。
0120-222-182
093-931-1566
(受付時間 平日 9:00~18:00)
事前審査で仮見積もりをしてみませんか?

念の為、手元の手形がいくらの現金になるのか知っておくことで
「安心」ができます。

リプルでは以下の3通りの方法仮見積りを最短15分でお答えしております。

メールでのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せはこちら

お電話仮見積もりはこちら お電話でのお問合せはこちら

写真を撮って簡単申し込み

お問い合わせフォーム

お手軽金額計算シュミレーター

※カンマは入れずに金額のみ半角数字で入力してください 額面
※半角数字で入力してください
※手形を譲渡する日から手形の支払期日まで
日数