でんさい割引だと金利は変わる?

でんさいは、紙が要らない電子記録債権ということから押印が不要で、振替の準備や手形の発行作業などを簡略化できるなど様々なメリットがありますが、途中から導入すると会計処理が変更されるので金利などを計算するのが一時的にややこしくなるというデメリットもあります。

なお、大手銀行が提供しているでんさい割引の場合は、割引料や限度額に関しては審査承認後に双方の合意により決定するとしており、具体的な数値を公表していないというケースが多く見られています。ちなみに、都市銀行(年率)1.5~3.0%・普通銀行(年率)2.0~3.5%・信用金庫(年率)2.5~4.5%・信用組合(年率)3.5~5.5%というのが割引率の大体の目安とされています。

これに対して手形割引業者の場合は、(年率)3.0~15.0%と金融機関と比較すると幅が大きくなります。これは、業者が負うリスクによって数字を決定するからで、大手の優良企業であれば手形の割引率は低くなり、個人事業主や中小企業の場合はリスクが大きくなるので大きな数字が設定されることになります。ただし、全般的には金融機関よりも大きな数字を採用していることが一般的です。これは、業者側に原価があることが理由となっています。

ご不明なことがございましたら、いつでもご説明いたしますので

約束手形のカウンセリングセンターにお電話ください。
0120-222-182
093-931-1566
(受付時間 平日 9:00~18:00)
事前審査で仮見積もりをしてみませんか?

念の為、手元の手形がいくらの現金になるのか知っておくことで
「安心」ができます。

リプルでは以下の3通りの方法仮見積りを最短15分でお答えしております。

メールでのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せはこちら

お電話仮見積もりはこちら お電話でのお問合せはこちら

写真を撮って簡単申し込み

お問い合わせフォーム

お手軽金額計算シミュレーター

※カンマは入れずに金額のみ半角数字で入力してください 額面
※半角数字で入力してください
※手形を譲渡する日から手形の支払期日まで
日数