手形割引の審査での「限度額(極度額)」とは?

手形割引の特徴は取引先から取得した約束手形を期限前に現金化する点にあります。振り出し額の全てを現金化するわけではなく金融機関や振り出し元の信用状態などによっても、割引率は異なり融資額にも反映されますが、金融機関側では個別に支店長決済もしくは本部決済を取ることが一般的です。しかしこれでは手形割引を用いて迅速に融資を受けることが難しくなり、現金を手にするまでにタイムラグが生じることになります。とりわけ繰り返し手形割引の利用を前提にした場合、その都度本部決済などが下りるのを待っているようでは煩雑であるばかりか、円滑なキャッシュフローを確保するのが難しく資金繰りへの悪影響が懸念されます。
これでは銀行などの金融機関サイドにも手間と時間がかかるので、融資先の信用状態に応じて手形割引について極度額を設定することがよく行われています。手形割引における極度額とは、割り引いた手形金額のいくらまでを支店内の簡易な手続きで実行する限度額のことを指しています。手形割引に極度額の設定を受けることで、融資を受ける側はリアルタイムに必要な資金を取得することになり、金融機関にあっても本部決済などの煩雑な手続きを回避しつつ顧客の資金ニーズに対応できることになる訳です。

ご不明なことがございましたら、いつでもご説明いたしますので

約束手形のカウンセリングセンターにお電話ください。
0120-222-182
093-931-1566
(受付時間 平日 9:00~18:00)
事前審査で仮見積もりをしてみませんか?

念の為、手元の手形がいくらの現金になるのか知っておくことで
「安心」ができます。

リプルでは以下の3通りの方法仮見積りを最短15分でお答えしております。

メールでのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せはこちら

お電話仮見積もりはこちら お電話でのお問合せはこちら

写真を撮って簡単申し込み

お問い合わせフォーム