裏書した手形の買戻しとは?

手形に記載される裏書について
裏書とは簡単に説明すると裏書が書かれた手形がどのような人の手にあったかを一目でわかるための履歴のようなものです。そもそも手形とは支払い期日に到達した場合その券面を持っている人が手形の差出人に対して券面を呈示する事で、支払いを求める事が可能で現金を入手する事ができる有償証券です。ただし支払期日に達していなくても第三者に譲渡する事で現金化する事が可能なため、必然的に様々な人の手に転々と渡っていきます。そんな時に役に立つのがどのような人の手に渡ったかを確認できる裏書です。

裏書した手形の買戻しが発生する条件

裏書した手形は一部の条件を満たした場合買戻しが発生します。条件は割引した手形が不渡りになってしまった場合、銀行は割引した依頼人に対してその手形を買戻すように請求してきます。

振出人の代わりに返済した場合振出人や裏書人に請求する事が可能になり、譲渡された手形が不渡りになった場合裏書人に不渡りになった手形を呈示する事で、額面金額を請求する事ができますし、複数人裏書人が存在する場合全員に対して請求する事が可能で一人ずつ順次請求する事も可能です。このように万が一手形が不渡りになった場合でも焦らず一つ一つ問題を解決する事が重要です。

ご不明なことがございましたら、いつでもご説明いたしますので

約束手形のカウンセリングセンターにお電話ください。
0120-222-182
093-931-1566
(受付時間 平日 9:00~18:00)
事前審査で仮見積もりをしてみませんか?

念の為、手元の手形がいくらの現金になるのか知っておくことで
「安心」ができます。

リプルでは以下の3通りの方法仮見積りを最短15分でお答えしております。

メールでのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せはこちら

お電話仮見積もりはこちら お電話でのお問合せはこちら

写真を撮って簡単申し込み

お問い合わせフォーム