仕訳をするときに知っておきたい手形割引の手数料の考え方

手形割引には手数料がかかります。そのため、普通に手形が期日を迎えてから受け取るのとは少し仕訳が異なる事になります。 手形割引は取引銀行や業者に手形を買い取ってもらう事を意味し、割引料を差し引かれた金額を受け取ります。取引銀行や業者からすれば手形を担保にして融資をしたようなものなので、金利のように手数料が発生します。
もし、1万円の手形を受け取り、300円の手数料を支払って手形割引を行った場合は、まず、受け取ったときには借方に受取手形1万円を計上し、貸方には売上1万円を計上します。そして、手形割引を行った場合には、貸方に当座預金に手形割引を行った際の手数料として300円引かれた額の9700円を記載し、その下に手形売却損として300円と貸方には受取手形1万円と書きます。
手形を決済する事で資産が減少するため、貸方に受取手形と記入し手形割引を利用してかかった手数料は借方に手形売却損とし、口座に手数料を引いた金額が入金されるため借方に当座預金と記入します。期日に満額を受け取った場合は手形売却益という科目が発生しますが、この場合手形割引のため利益が出ないので存在しないという事を注意する必要があります。

ご不明なことがございましたら、いつでもご説明いたしますので

約束手形のカウンセリングセンターにお電話ください。
0120-222-182
093-931-1566
(受付時間 平日 9:00~18:00)
事前審査で仮見積もりをしてみませんか?

念の為、手元の手形がいくらの現金になるのか知っておくことで
「安心」ができます。

リプルでは以下の3通りの方法仮見積りを最短15分でお答えしております。

メールでのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せはこちら

お電話仮見積もりはこちら お電話でのお問合せはこちら

写真を撮って簡単申し込み

お問い合わせフォーム