手形の裏書がいっぱいになってしまった場合の対処法

受け取った手形は支払いの手段や手形を担保に銀行からお金を借りる、銀行に手形を買い取って貰うなどの利用方法があります。
これらを行う際には手形の譲渡を行なう事になり手形の譲渡は裏書という方法を使いますが手形は譲渡が簡単で、名前のゴム印を押すかまたは署名をして届出印を捺印するだけで裏面に記名をすれば別の人へ譲渡する事が可能で、これを裏書譲渡と呼びます。
手形の裏書は手形を使う場合記名捺印、押印をして相手に渡しますが、裏書を抹消するのはどんな方法でも問題がなく一般的には斜線や横線を引いて抹消が出来、その上に捺印する必要はありません。

その手続きを繰り返すうちに裏書欄がいっぱいになってしまう事があるのですが、手形の裏書欄がいっぱいになった際は補助的な用紙を付けてそれに裏書をします。
手形を裏書するには、別の手形用紙を貼り付けてそこに裏書をすれば正式な裏書になります。

その時手形用紙とのつなぎ目につないだ裏書人の割印を押すのですが、万が一その割印がなくても裏書の効力には問題はありません。
補助的な用紙はどのような紙でも良いのですが、一般には同じ大きさの手形用紙などを使います。
一つ気を付けておいた方が良いのが貼り付けた用紙が剥がれてしまう事で、剥がれてしまうと後々手間が掛かる事になりますので、剥がれない様にしっかりと貼り付けて下さい。

ご不明なことがございましたら、いつでもご説明いたしますので

約束手形のカウンセリングセンターにお電話ください。
0120-222-182
093-931-1566
(受付時間 平日 9:00~18:00)
事前審査で仮見積もりをしてみませんか?

念の為、手元の手形がいくらの現金になるのか知っておくことで
「安心」ができます。

リプルでは以下の3通りの方法仮見積りを最短15分でお答えしております。

メールでのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せはこちら

お電話仮見積もりはこちら お電話でのお問合せはこちら

写真を撮って簡単申し込み

お問い合わせフォーム