鉛筆で書かれている手形の裏書の注意点

手形は発行する際も受け取る際にも完全なものであるか確認をすることが重要になります。例えば、金額が訂正されていないかや振出日の日付が満期日より前になっているかどうか、受取人と第一裏書人名が同一か、また、裏書が連続しているかどうかなどがあり、十分な注意が必要になります。

手形は、通常、額面や発行に関してはボールペン、漢数字もしくはチェックライター、ゴム印等で作成されます。一方、裏書は振出人に関係なく行われることも多く、この場合、中には鉛筆で書かれているケースもあります。まず、法的に見た場合、筆記用具に関する規定は無く、鉛筆で記載がなされていたとしても手形としては有効になります。しかし、鉛筆などは書換が用意であるために変造や改ざんのリスクが非常に高くなり、実際、金融機関への持ち込みでは改ざんされない筆記用具の使用が求められます。また、ボールペンであっても最近広く使われている消せるタイプのものは是正されることがほとんどであり、裏書手形を受け取る際にはよく確認をした上で受領することが重要です。

裏書手形の受領では振出人以降の履歴の確認がまず重要になり、特に鉛筆記載に関しては十分な注意が必要です。中でも「拒絶証書不要」の文言抹消には気を配る必要があり、例えば文言部分のみが鉛筆で抹消している場合には裏書人の責任を逃れるために行われているケースがほとんどです。仮に「拒絶証書不要」の文言が2本線で消して訂正印が押されているようであれば、直ぐに公証人役場に行き公証人に拒絶証書の作成をしてもらう必要があります。

ご不明なことがございましたら、いつでもご説明いたしますので

約束手形のカウンセリングセンターにお電話ください。
0120-222-182
093-931-1566
(受付時間 平日 9:00~18:00)
事前審査で仮見積もりをしてみませんか?

念の為、手元の手形がいくらの現金になるのか知っておくことで
「安心」ができます。

リプルでは以下の3通りの方法仮見積りを最短15分でお答えしております。

メールでのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せはこちら

お電話仮見積もりはこちら お電話でのお問合せはこちら

写真を撮って簡単申し込み

お問い合わせフォーム