手形の裏書の被裏書人の書き方

手形においての裏書について
手形には支払期日に到達した時にその券面を所持している人が手形の差出人に対して、券面を提示する事で支払いを求める事ができ現金を入手する事が可能な有償証券の事です。このような仕組みのため必然的に人から人へ転々と譲渡される事が多々あるのが特徴です。譲渡される時に行われる手続きが裏書の記入です。これは誰がこの手形を所持していたかを一目でわかるようになっている履歴で、裏書の手続きを済ます事でその手形自体に多くの効果を付加する事ができるため余分なトラブルの発生を抑える事が可能です。

被裏書人の書き方

手形の裏書の効力は数多くありますがその中でも代表的なのが、手形上の全ての権利が裏書人に移転する権利移転的効力や被裏書人及びその後の譲受人に対して手形の支払いを担保とする義務が発生する担保的効力、最後は被裏書人として手形上に記載された人はその裏書により権利を取得したと推定される資格授与的効力です。ですがこれらの効力も規定通りに被裏書人を書く必要があります。書き方は凄く簡単で被裏書人の欄には裏書した手形を渡す相手の会社名を書くだけです。

この時によく勘違いする人が多い年月日ですがこれは裏書した日付を書けば大丈夫です。この時に必ず確認しなけらばならないのが表に書いてある振出日以降の日付かどうかです。ごく稀にこれらの年月日や裏書人の欄を空白でただ裏書だけ済ます人がいますが、これらはトラブルの原因にもなる為必ず正確に記載しましょう。

ご不明なことがございましたら、いつでもご説明いたしますので

約束手形のカウンセリングセンターにお電話ください。
0120-222-182
093-931-1566
(受付時間 平日 9:00~18:00)
事前審査で仮見積もりをしてみませんか?

念の為、手元の手形がいくらの現金になるのか知っておくことで
「安心」ができます。

リプルでは以下の3通りの方法仮見積りを最短15分でお答えしております。

メールでのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せはこちら

お電話仮見積もりはこちら お電話でのお問合せはこちら

写真を撮って簡単申し込み

お問い合わせフォーム