手形の裏書の印鑑を押し直しする場合の注意点

手形を人から人へと譲渡するときに「手形の裏書き」を行いますが、これは譲渡の為の手続きということです。手形の裏面に書かれている裏書き文句と、渡す相手である被裏書人の名を書き、渡す人裏書人が、署名並びに捺印してそれを被裏書人に渡すことにより譲渡の手続きとなります。為替手形での裏書の書き方は捺印一つとっても厳しく決められているので、裏書きする際には注意を払わなければなりませんが、捺印を失敗した場合も直すことができます。例えば、社判の印字や印鑑がにじんでしまった場合ですと、印鑑が重ならないように、もう一つ押印します。

社判が不鮮明な時は、裏書き全てを抹消して下に同じ社判と印を押します。印鑑が紙からはみでてしまった場合も重ならないように、もう一つ押印をします。印鑑が重なってしまった場合は、同じ印鑑を重ならないように枠内に押し直してかまいません。また点線から下にはみ出て披裏書人欄にかかってしまった場合には裏書き全部を抹消して押し直しが必要です。
手形はいろんな人が見ますので、見た体裁が気になる場合など、押し直すという選択肢もあります。捺印は大事なので緊張することもあると思いますが、訂正の方法を知っていれば解決は難しくありません。

ご不明なことがございましたら、いつでもご説明いたしますので

約束手形のカウンセリングセンターにお電話ください。
0120-222-182
093-931-1566
(受付時間 平日 9:00~18:00)
事前審査で仮見積もりをしてみませんか?

念の為、手元の手形がいくらの現金になるのか知っておくことで
「安心」ができます。

リプルでは以下の3通りの方法仮見積りを最短15分でお答えしております。

メールでのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せはこちら

お電話仮見積もりはこちら お電話でのお問合せはこちら

写真を撮って簡単申し込み

お問い合わせフォーム

お手軽金額計算シミュレーター

※カンマは入れずに金額のみ半角数字で入力してください 額面
※半角数字で入力してください
※手形を譲渡する日から手形の支払期日まで
日数