受取手形もでんさいでやりとりすれば楽!

現在紙の手形を利用している企業は多くありますが、この手形をでんさいに変えることでさまざまなメリットがもたらされます。例えば、受取手形を電子記録債権にすることによって紙の手形で生じていた煩雑な事務やコストを減らすことができるため、日々の業務遂行がスムーズになるのみならず、手数料の削減にも繋げる事ができるわけです。

また、これまでの受取手形をでんさいに変えることで手形の紛失の心配もなくなり、より手形を管理しやすくなる利点もあります。このでんさいは、全国銀行協会が行っているため他の多くの企業が参加しており、したがって導入する際もスムーズに手続きすることが可能です。この他にも、受取手形をでんさいでやりとりすれば第3者へ譲渡する場合も手続きが簡単にできます。

紙の手形だと裏書が必要ですが、電子記録債権だとそれが不要になり事務手続きの時間も減らせて便利です。何よりも、受取手形をでんさいにすればインターネットで取引できるので、パソコン上でこれまで以上に受取手形の管理がしやすくなります。さらに全国銀行電子債権のネットワークによって、電子記録債権の安全性も担保されているため、紙の手形よりもより安全に取引できるわけです。

ご不明なことがございましたら、いつでもご説明いたしますので

約束手形のカウンセリングセンターにお電話ください。
0120-222-182
093-931-1566
(受付時間 平日 9:00~18:00)
事前審査で仮見積もりをしてみませんか?

念の為、手元の手形がいくらの現金になるのか知っておくことで
「安心」ができます。

リプルでは以下の3通りの方法仮見積りを最短15分でお答えしております。

メールでのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せはこちら

お電話仮見積もりはこちら お電話でのお問合せはこちら

写真を撮って簡単申し込み

お問い合わせフォーム