手形を担保にする手形割引の特徴

企業が所有している商業手形を銀行に買い取ってもらうことで資金を調達する取引を「手形割引」と言います。その特徴として、あくまでその位置づけは手形を担保にした融資と見なされる点にあります。つまり、その取引は手形を銀行に売却したら終わりというものではありません。具体的に生じる義務としては、手形割引の振出人が倒産してしまったり支払い能力がなくなるなど担保である手形が不渡りとなった場合、買取してもらう企業、いわゆる持ち込み人が銀行に対して手形を買い戻さなければならないというものです。要は、手形の未回収のリスクを負うのは持ち込み人ということです。そのため、その利用に際しては万が一不渡り時には買戻しの義務が生じることを必ず念頭に置いておく必要があります。
また、もうひとつの手形割引の特徴として、「証書貸付」よりも審査が通りやすいという点があげられます。これは、持ち込み人にあたる企業の買戻し余力が買い取る手形の金額を上回っていれば銀行にとっては貸し倒れのリスクを負う心配がないことに由来します。また、定期的にその利用を行う企業に対しては、限度額を設定しその範囲内である限りいつでも買取可能とするケースが多い点も手形取引の特徴です。

ご不明なことがございましたら、いつでもご説明いたしますので

約束手形のカウンセリングセンターにお電話ください。
0120-222-182
093-931-1566
(受付時間 平日 9:00~18:00)
事前審査で仮見積もりをしてみませんか?

念の為、手元の手形がいくらの現金になるのか知っておくことで
「安心」ができます。

リプルでは以下の3通りの方法仮見積りを最短15分でお答えしております。

メールでのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せはこちら

お電話仮見積もりはこちら お電話でのお問合せはこちら

写真を撮って簡単申し込み

お問い合わせフォーム

お手軽金額計算シュミレーター

※カンマは入れずに金額のみ半角数字で入力してください 額面
※半角数字で入力してください
※手形を譲渡する日から手形の支払期日まで
日数