手形割引なら支払期日までの期間が長い手形を有効活用できるワケ

手形を受け取ったときにはその手形を現金に換える期日が明記されています。そのときに現金化すると100パーセントその額面通りで受け取ることが出来るものです。しかしながら商取引上において、すぐに現金を受けとりたい場合や取引先への信頼関係上、なるべく早く現金に換えておいた方が良いという経営面での視点もあります。すなわち早く現金化しておかないとリスクが発生する可能性が高く、貸し倒れになって回収できないリスク回避のために早めに現金に交換したい場合があるわけです。
通常であれば期日まで待ってから現金に換えることで、額面通り受け取れます。そこまで待てない場合に手形割引により現金にするわけです。この期間が長ければ長いほど相手にとっては有利であり、自社にとっては不利益に繋がります。その不利益を少しでも少なくする意味で、手形割引により期間前に回収する方法を採るわけです。長い期間の手形の方が経営面での判断により早期にお金に換えられます。また裏書譲渡により別の商取引でも使用するチャンスは増えるため、期間が長い手形の方が有効活用しやすくなるわけです。なお裏書譲渡の場合にはリスクはあることから、早期の現金化で処理を行う場合も多いです。

ご不明なことがございましたら、いつでもご説明いたしますので

約束手形のカウンセリングセンターにお電話ください。
0120-222-182
093-931-1566
(受付時間 平日 9:00~18:00)
事前審査で仮見積もりをしてみませんか?

念の為、手元の手形がいくらの現金になるのか知っておくことで
「安心」ができます。

リプルでは以下の3通りの方法仮見積りを最短15分でお答えしております。

メールでのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せはこちら

お電話仮見積もりはこちら お電話でのお問合せはこちら

写真を撮って簡単申し込み

お問い合わせフォーム

お手軽金額計算シュミレーター

※カンマは入れずに金額のみ半角数字で入力してください 額面
※半角数字で入力してください
※手形を譲渡する日から手形の支払期日まで
日数