手形割引率の計算方法と相場について

受け取り期日が到来する前の手形を、金融機関で期日到来前に現金化する資金調達方法を手形割引といいます。手元に手形はあるものの、早急に現金が必要な場合などによく利用される融資サービスの一種で、利用する際には一定の手数料が必要となります。
手形に記載されている額面の100%を受け取れるわけではなく、そこから事務手数料や手形割引率を差し引いた金額が手元に残ります。手形割引は融資の一種なので、手形割引率が通常の借り入れで言うところの金利に相当します。

手形の金額やどの金融機関で割り引くかによって、手形割引率は異なるのですが、相場で言いますと都市銀行や大手の地方銀行で1%から3%程度、信用金庫では2%から5%程度、銀行や信用金庫以外の専門業だと5%~20%程度となっています。

なお割り引かれる金額の計算方法ですが、手形の額面×手形割引率×支払期日までの日数/365日という方法で計算をします。
仮に100,000円の手形を5%の手形割引率で割り引き、支払期日までの日数が30日、取立手数料を500円とすると、入金される金額は割り引かれる金額がおよそ400円、取立手数料が500円なので100,000円から900円を差し引いた99,100円となります。

ご不明なことがございましたら、いつでもご説明いたしますので

約束手形のカウンセリングセンターにお電話ください。
0120-222-182
093-931-1566
(受付時間 平日 9:00~18:00)
事前審査で仮見積もりをしてみませんか?

念の為、手元の手形がいくらの現金になるのか知っておくことで
「安心」ができます。

リプルでは以下の3通りの方法仮見積りを最短15分でお答えしております。

メールでのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せはこちら

お電話仮見積もりはこちら お電話でのお問合せはこちら

写真を撮って簡単申し込み

お問い合わせフォーム

お急ぎの方はお電話ください。0120-222-182 見積りのご依頼はこちら

お手軽金額計算シュミレーター

※カンマは入れずに金額のみ半角数字で入力してください 額面
※半角数字で入力してください
※手形を譲渡する日から手形の支払期日まで
日数