手形の裏書の印鑑が不鮮明な場合は注意が必要

押印するのは銀行届印でなくても良いですが、手形の裏書の印鑑が不鮮明だとそれだけで やり直しの場合があるので注意が必要です。押し方が歪んでいる、社判や印鑑が被裏書人の欄に著しくかぶっている、印鑑の形が切れている、社判がつぶれていたり、押印が不鮮明な場合は、抹消してその下に新たに押し直した方が良いでしょう。

裏書のきまりは細かいので印鑑は鮮明にしっかり押し、丁寧に慎重に書きましょう。

訂正する方法はもし押印だけがにじんだり、紙からはみ出している等の場合は印鑑が重ならないようもう一つ押印します。社判が不鮮明な時は裏書全てを✕印で抹消して✕の中心に押印しその下の欄に枠内に納まるよう社判と印鑑を押します。

もし間違えても訂正や抹消はすぐできるので慌てず落ち着いて訂正しましょう。

また受け取った手形の裏書が不鮮明だと手形を割引できない場合があるので、その時は譲 渡人に依頼して印鑑を鮮明に押印してもらうと良いです。 もし手形割引が初めてで不安な場合は信頼できる専門家に相談しましょう。

ご不明なことがございましたら、いつでもご説明いたしますので

約束手形のカウンセリングセンターにお電話ください。
0120-222-182
093-931-1566
(受付時間 平日 9:00~18:00)
事前審査で仮見積もりをしてみませんか?

念の為、手元の手形がいくらの現金になるのか知っておくことで
「安心」ができます。

リプルでは以下の3通りの方法仮見積りを最短15分でお答えしております。

メールでのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せはこちら

お電話仮見積もりはこちら お電話でのお問合せはこちら

写真を撮って簡単申し込み

お問い合わせフォーム

お手軽金額計算シミュレーター

※カンマは入れずに金額のみ半角数字で入力してください 額面
※半角数字で入力してください
※手形を譲渡する日から手形の支払期日まで
日数