手形割引専門店 株式会社リプル

        

手形割引の豆知識

受取手形のポイント:手形裏書の書き方

受取手形は裏書もきちんと書かないと支払いなどに使うことはできません。基本的には法人の場合は会社名、住所、代表取締役の名前、個人の場合は屋号、住所、名前を記載します。書き方のポイントとしては会社名を書く時に(株)や(有)などと略さず、きちんと株式会社、有限会社と書くことです。略して書くと使用することはできません。
また、印鑑を押さなければなりませんが押し方にも気をつける必要があります。印鑑が滲んでしまったり、紙からはみ出たり、被裏書人にかかってしまったりした場合は枠内にもう一つ押さなければなりません。
書き損じてしまったら全体に大きくバツマークを書き、バツの交差部分に印鑑を押します。そうすると、その裏書は破棄されるため次の用紙に新しく書き直すと良いでしょう。 そのほか、代表者が同じ法人から個人へ、もしくは代表者が同じ法人から別法人への裏書が連続する場合は承認印が必要になります。被裏書人の名前や日付を書く欄がありますが実務では書く必要はありません。空欄のまま空けておいてOKです。
不備があり何度も書き直すことになれば手間がかかってしまいます。ビジネスを円滑に進めるためにも、一度で正しく書くようにしましょう。

ご不明なことがございましたら、いつでもご説明いたしますので

約束手形のカウンセリングセンターにお電話ください。
0120-222-182
093-931-1566
(受付時間 平日 9:00~18:00)
事前審査で仮見積もりをしてみませんか?

念の為、手元の手形がいくらの現金になるのか知っておくことで
「安心」ができます。

リプルでは以下の3通りの方法仮見積りを最短15分でお答えしております。

メールでのお問合せはこちら メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せはこちら

お電話仮見積もりはこちら お電話でのお問合せはこちら

写真を撮って簡単申し込み

お問い合わせフォーム

手形割引メニュー

  • 計算シミュレーター
  • 手形割引の流れ
  • 手形割引Q&A
  • 再生企業様向ご案内
  • お問い合わせ

でんさい割引メニュー

  • でんさい割引ご案内
  • でんさい割引の流れ
  • でんさいのしくみ
  • でんさい開設までの流れ

お役立ちコンテンツ

  • 約束手形の見本
  • 為替手形の見本
  • 手形の裏書見本
  • 金融用語集
  • 手形割引まめ知識

会社概要

会社概要

日本賃金業協会

日本貸金業協会会員第002123号
日本貸金業協会 会員検索
福岡県知事(6)08486号
登録貸金業者 情報検索

帝国データバンクの広告

でんさい割引com「リプル」はこちら

スマホからお申込み

お急ぎの方はお電話ください。0120-222-182

全国対応

お見積り・お申込みはこちら
お手渡し額を聞いてからのキャンセルも可能
  • 手形割引のお見積り
  • でんさい割引のお見積り

リプル手形割引概算シミュレーター

※カンマは入れずに金額のみ半角数字で入力してください 額面
※半角数字で入力してください
※手形を譲渡する日から手形の支払期日まで
日数